海外ドラマ レビュー

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」はメチャ面白い!大ヒット犯罪心理サスペンスをネタバレ無しで紹介!

2021年10月5日

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」はメチャ面白い!大ヒット犯罪心理サスペンスをネタバレ無しで紹介!

 

「THE MENTALIST/メンタリスト」の感想、レビューです。

当時キーファー・サザーランドの「24」や「LOST」を抜いた人気ドラマですよ。
すでにシーズン7で完結はしてますが、犯罪心理サスペンスの大ヒット作でメッチャ面白いw。ついつい続けて続編を観てしまうので、睡眠不足必須の海外ドラマですわww。

 

【U-NEXT】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」

人の心を操る心理術を駆使するメンタリストが凶悪事件を暴いていくストーリーなんだけど、主人公ジェーンが超うさん臭くて性格悪いのがマジで素敵ww。どうも私は、性格の悪い人っていうのにどうしても惹かれてしまうんですよねww。悪い女に引っかかりやすいタイプです!

この職業「メンタリスト」というのが、超詐欺師っぽくて、胡散臭いww。
たぶん日本での「メンタリスト」っていうとDaigoのイメージだけど、本家はだいぶ違うんじゃない?

日本で言うと、占い師、交霊術師、預言者・超能力者(サイキック)、宗教の教祖、カリスマ、詐欺師・・・これらを一緒くたにしたような存在って感じでしょうか? まあ、どこへ行っても嫌な顔とちょっと気持ち悪がられるってところが、ドラマでも描かれてますよ。

この「THE MENTALIST/メンタリスト」は、字幕版と吹替版があるんだけど、吹替版を見たあと字幕版を見ると、主人公ジェーンの印象がだいぶ違うのに驚くと思います。

日本の声優さんには申し訳ないけど、吹き替え版でのジェーンは爽やかすぎww。
声や話し方が素晴らしすぎて、笑顔もステキに見えて全然毒が無いように見えちゃうんだよねww。
字幕版を見ると、この喋り方、声のトーン、絶対カタギじゃない胡散臭さが日本人の私にも伝わってくるんだよね。あのステキで爽やかに見えた笑顔でさえ、トレーニングで作り出した偽物の笑顔に見えるから怖い。絶対訪問販売とかで玄関開けちゃダメな奴ですww。この役者、サイモン・ベイカーの凄さが分かります。

ある意味一粒で二度おいしいドラマなのでぜひ見比べてみてww。

あと、長編海外ドラマでは珍しくキャストの数が少なくて分かりやすいのも特徴かなw。後からゾロゾロ主要人物が増えたり減ったりというのがあまりなかったっていうのが、良かったポイントです。

特にね、私はチョウさんがお気に入り。最初はちょっと不愛想・無口でとつきにくいアジア人っていう感じだったんだけど、まあ、観ていくと、超頼りになってタフネス、ちらっと見える愛敬にズキューンとやられてしまいましたww。シーズン3ぐらいの頃にはチョウさんを探して目で追ってる感じですww。

結構個性的で濃いキャラクターが多いと思うので、きっとお気に入りが生まれると思いますよww。

シーズン後半、宿敵レッドジョンとの駆け引きが多くなりますが、毎回ほぼ一話完結のおかげで観るのが止まらなくなること間違いなしです。
カテゴリーとしては推理物や事件捜査物になると思うけど、この手のドラマが好きな人はズバッとハマると思いますよ。
ぜひ騙されたと思ってシーズン1の第一話だけでも観てください。
かなり痛快で、私の言ってることが分かると思いますよww。

メンタリストはAmazon Prime Video/U-NEXT/Hulu/Netflixでも配信中です。
かなり広く広範囲のVODで観られるのに、私は結局DVDの保存版でも全部揃えちゃいましたよww。

そのぐらい面白くてハマっちゃいましたww。

 

「メンタリスト」あらすじ

舞台はアメリカ、カリフォルニア州捜査局CBI(CBIは現実に存在する機関BIの古い名称)。主にカルフォルニア州で起きた 殺人事件などの捜査を行うFBI的な存在としてドラマでは描かれています。
主人公パトリック・ジェーンはCBIの犯罪コンサルタント。型破りな観察力・記憶力、催眠術まで使っちゃうメンタリストで、類い稀なる推理力から事件の解決に協力しています。

青い瞳と爽やかな笑顔が似合うイケメンだが、元詐欺師w。霊能者(サイキック)と偽り活躍していたが、テレビで連続殺人鬼レッドジョンを挑発したのをきっかけに妻と娘をジョンに殺されてしまう。
ジェーンは何とも厄介で怪しい存在だが根底には宿敵殺人鬼レッド・ジョンを見つけ出し復讐するためお金じゃなくCBIのコンサルタントになっています。

人間心理を巧みに操り暗示にかけ、思考と行動を操作する「メンタリスト」として型破りな捜査と違法スレスレの方法で犯人を毎回追い詰めていくのが痛快。

毎回チョッキを着てて、心理学者やカウンセラーのようでいて性格が悪く根本が全く違いますw。アメリカでコーヒーではなくお茶という小道具も、皮肉がきいてて結構楽しめますよww。
最終的にCBIの屋根裏に住み着いちゃうしねww。

レッド・ジョン事件の終了後、CBIコンサルタント時代に捜査でいろいろやらかした大小さまざまな犯罪を帳消しにする条件として、FBIのコンサルタントとして捜査に参加すことになっていきます。

 

とまあ、ネタバレ無しでストーリーを説明するとこんな感じかな?

毎回ほぼ一話完結なので、捜査ファイル的に説明はできてもストーリー的に説明するのは難しいんだよねw。
基本的には犯人はこいつだ!っていう捜査物に対して、心理的なトラップを仕掛けて「こうすると犯人が分かるよ」とか「ほら、犯人が分かっただろう?」てな感じw。違法スレスレなのは毎回のことww。

あまり凝ったトリックというより、毎回どうやって犯人を追い詰めていくかを楽しむのがこのドラマのミソですw。

でもね、ジェーンは毎回みせる様々な行動の意味を教えてくれません。
観てるこちらにすらその意図をみせてくれません。

殺人現場に行けばジェーンは奇怪な行動や言動を繰り返し、容疑者や周囲の人はもちろん、一緒に捜査している仲間からも「何やってるんだコイツ」「何もんだアイツ」という目で見られるのですが、実はその行動言動、目線の一つ一つに意味がある。
悪戯な笑みを浮かべながら、彼は周囲を巻き込んだ、突飛な犯人捕獲作戦を仕掛けてくるわけです。

毎回これが痛快なんですよww。

 

「メンタリスト」シーズン1から順に観ていくことをおすすめ!

ぶっちゃけ捜査物のドラマなのに、まともな「捜査」はほとんどありませんよ。
人をだましたり欺いたりってことばっかりしますw。
まあ、そこが面白いんだけどねww。

海外ドラマに多い人間関係ドロドロになって足の引っ張り合いというのも無いです。
みんな思った以上に捜査官としては優秀なので、変な感情の引っかかりというのはなくサクサク物事は進んでいくのも特徴。唯一変なのはやっぱりジェーンだけww。

 

【U-NEXT】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」

 

基本的に一話完結なので、正直途中のシーズンの真ん中から観たとしても、何となく話は分かるんだよね。
だからこそシーズン1の最初から順番に観ていくのがおすすめです。

わんこそば状態でパカパカ話が進んでいく作りだからかえって微妙な人間関係の変化がじわじわ楽しめるし、ジェーンの性格の悪さと、もしかしたら根は良い人?っていう変なところでグラグラするのも楽しいw。
ジェーンは一貫して非戦闘要員(コンサルタントなので銃を持たないし反撃もできない)であることや、人に心を開かないサイコパスなわりに子供が好きで優しいところがあるとか・・・最初から順に観て行かないと分からないことも多いですからね。

このドラマは本来統制された重罪犯罪捜査チームにフリーダムな異分子が入り込んで引っ掻き回すというのが楽しむポイント。

このポイントを最初から観ないで見逃すっていうのは、ノンノン!もったいないww。
シーズン1から観ましょうよww。
変に考えたりつながりを意識したりってしなくていい。かなりラフに観られるので次々観てしまって寝不足確定ですw。

ちなみに、正直言って私は宿敵レッドジョンとの攻防はイマイチって感じてしまってます。
通常の話が面白すぎて、レッドジョンの存在や手口ってなんかパッとしないというか、派手さが無いというか、あまり興味を引かないっていうのがぶっちゃけたところです。
シーズン後半に向かってレットジョンとの対決や攻防が増えてくるんですが、私は正直新鮮味が無かったです。なのでお気に入りはシーズン前半ぐらいがベストかなぁww。

まあ、一度観てくださいよ、騙されたと思ってさww。

 

「メンタリスト」の愉快なメインキャスト達

主人公パトリック・ジェーンマなかなかの曲者ですが、周りを固めている捜査員のキャラクターもなかなかの個性派が揃ってます。
話が進むにつれどんどんキャラが立ってくるのも見逃せないですww。

大抵この手のドラマには無能なキャラやおとぼけキャラが出てくるもんですが、意外と全員優秀。おとぼけずっこけ担当はいるけど無能やドジキャラはいません。

このしっかりしたキャラ設定のおかげで主人公の行動のおかしさが際立つんだよねww。

 

パトリック・ジェーン

俳優:サイモン・ベイカー

この「メンタリスト」の主人公。
青い瞳と爽やかな笑顔が似合うイケメンだが、元詐欺師w。霊能者(サイキック)と偽り活躍していたが、連続殺人鬼レッドジョンに妻と娘を殺されてしまう。現在、型破りな観察力・記憶力、催眠術まで使って類い稀なる推理力から事件の解決に協力してるCBIの犯罪コンサルタント。
レッドジョンを捕まえることに執念を燃やしている。

悪戯な笑顔を貼り付けてますが、本質は執念深く手段を択ばない意外と正義の人。ただ人と共感できないサイコパスだよねww。

性格の悪さは折り紙付きw。暴力は一切使わないけど、その分タチが悪いよねww。

 

テレサ・リズボン

俳優:ロビン・タニー

CBI特別捜査官で、パトリック・ジェーンの直接の上司。
ジェーンの所属するチームのリーダーで、ある程度自由にさせてくれるけど締めるところは締める。結構キュートな印象なのでキャリアを積んだキツさは無い。もしこんな人がリーダーだったらホントに優秀なチームになるだろうなぁって思ってしまいますよねww。

実質的にジェーンの首根っこを掴んでるのはこの人。基本的にテレサは全てをコントロールしたがるタイプだと思うんだけど、ジェーンは全然制御できてません。いいように振り回されてますww。
まじめな性格なので、ジェーンとの恋愛になるのか友人との関係なのか微妙な距離感が良いです。

 

ウェイン・リグズビー

俳優:オーウェン・イオマン

CBIのチームの一人。いわゆるおとぼけキャラ担当ですかねww。
ガタイが大きくて食いしん坊、根はやさしくて力持ちって感じですが、どこか抜けてるずっこけキャラですかねww。いじられ役ですが、悪い奴じゃない、むしろ良い人で憎めないところがあります。

まあ、そのおかげでいろいろ女性関係で手痛い目に遭うんですけどねw。
その辺も楽しみに観てください。

 

キンブル・チョウ

俳優:ティム・カン

CBIのチームの一人。私のお気に入りキャラですww。
超まじめで仏頂面、堅物で不愛想。何とも取っ付きにくいアジア人ってイメージだけど、ちらっと見える笑顔と情の厚さにキュンときますw。元軍人出身でスクエアな肉体と荒事と調書専門のところがあります。ある意味リグスビーとは正反対のイメージw。

意外と堅物だけど柔軟性もあってジェーンを認めていますね。
ちらっと見える愛敬にズキューンとやられてしまった人続出で、人気キャラクターの一人です。

 

グレイス・ヴァンペルト

俳優:アマンダ・リゲッティ

CBIのチームの一人。第一話の最初からいますが、キャリア的には一番若い新人扱いの人です。
キャリア志向で能力的にはかなり優秀ですが、なかなか現場を歩かせてもらえないことにちょっとイラッときてますww。パソコン、情報系に強く、FBIの情報ナビゲーターのようなことをすることもしばしば。
ただちょっと直情的で若さゆえの幼さと真っ直ぐなところがジェーンの狡猾なところとの対比でいい味を出してますねww。

アメリカ女性らしい芯の通った強さのある魅力的なキャラです。

 

「メンタリスト」レビュー まとめ

私もすっかりはまってしまった「メンタリスト」

ぶっちゃけ面白いけど頭使って観終わると疲れる犯罪捜査物ってあるけど、このメンタリストは何も考えないでエンタメとして楽しめる捜査物なので、観てると気になってサクサク続きを観てしまう時間泥棒、悪いドラマですww。

基本的にジェーンが正攻法ではない方法で、どうやって犯人を追い詰めていくかを楽しむドラマだからね、「よしっっ!」って胸がすくような大活劇というよりは、「うほほ♪」っていう痛快って感じ。分かるかな?

一話完結なんだけど、少しずつ周りの人間関係が進展していくのも、なんかムズムズして虜になる理由の一つ。

もしかして、わたしも何か心理的なトリックを仕掛けられてる?

性格が悪い人が大好きな人はぜひ一度観てください。
絶対ハマって、連続視聴が止まらなくなると思いますよww。
個人的にもおすすめ!


本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の動画配信状況はU-NEXTサイト、amazon、huluにてご確認ください。


 

今回のコンテンツで紹介したもの一覧

【U-NEXT】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」


【amazon prime】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」


【NETFLIX】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」


【hulu】THE MENTALIST/メンタリスト

【海外ドラマ】「THE MENTALIST/メンタリスト」


THE MENTALIST/メンタリスト 1st-7th シーズン DVD全巻セット (36枚組)


-海外ドラマ レビュー
-, ,

© 2021 VOD Bulldog