アニメ レビュー 漫画 レビュー

【アニメ】「異国迷路のクロワーゼThe Animation」異国情緒たっぷりのこのマンガを忘れないで!

2021年8月25日

【アニメ】「異国迷路のクロワーゼThe Animation」異国情緒たっぷりのこのマンガを忘れないで!

 

異国迷路のクロワーゼ The Animationの感想、レビューです。

アニメというか、今回は原作の漫画も含めての記事になってしまうと思います。
原作は「異国迷路のクロワーゼ」や「GOSICK-ゴシック-」(イラスト)の緻密で物語の奥行きを感じさせる作風で知られた武田日向の漫画。

超名作になる予感がプンプンしてたにもかかわらず、武田日向氏の闘病による死去によりストーリーが続かず不評に終わってしまった非常に残念な作品です。

 

異国迷路のクロワーゼ The Animation
【U-NEXT】異国迷路のクロワーゼ The Animation


合本 異国迷路のクロワーゼ memoire


本当に残念で不遇な作品です。

私は原作のファンでしたし、とにかく絵師としても大好きでした。アニメになった時はちょっと小躍りしたぐらいなんですが、漫画の続きの新刊がなかなか出ないなぁって思ってたら、亡くなっていたことを結構後になってからネット記事で知りました。
アニメが、なぜ尻つぼみの脚本になってしまっていたか、理由も、何となくこのとき悟りましたね。

私としては、名作として名を馳せると思っていた作品が、ゴシック調の輪郭を残したまま深い霧に包まれて、そのまま掻き消えてしまったような、そんな不思議な印象を残している漫画です。

アニメは残っているんですが、漫画の方は電子書籍にもなってないみたいなので、このまま忘れ去られてしまうのは非常に残念!おしい! こんな漫画がかつてあったことを忘れてほしくないと思って今回記事にしました。

ぜひ機会があったら一度観てみてください。

 

「異国迷路のクロワーゼ」という幻の名作の存在

異国迷路のクロワーゼ The Animation
【U-NEXT】異国迷路のクロワーゼ The Animation

もう、10年も前の漫画になってしまったんですね。
「異国迷路のクロワーゼ」は結局2巻までしか出なかった幻の漫画です。
別にエタってるわけじゃなく、上でも書いている通り、作者の武田日向が志半ばで亡くなってしまい絶筆となった作品だからです。

この頃「少女・ネム」の木崎ひろすけと重なった人も多かったんじゃないですかね。
両者とも、傑作を生み出す寸前に絶筆となった漫画家です。

 

小説「GOSICK-ゴシック-」のイラストの方が、武田日向を知ってる人も多いかもしれないですね。

緻密で精密な世界観とちょっと儚げなかわいらしい女の子の絵が特徴です。「GOSICK-ゴシック-」の世界観を作り出したのも武田日向の功績が大きいですからね。GOSICKのDVD収納ボックスの描きおろしを病床で描き上げ、アニメGOSICK、異国迷路のクロワーゼも同時期放送で観ることができたという話が残ってます。

 

「異国迷路のクロワーゼ」は、やっぱり今読んでも面白い!

ホントに傑作の香りがプンプンします。
せめてあと2冊、2冊続きが描かれていれば名作に・・・と、残念でなりませんわw。

アニメにもなりましたが、こちらは地味に尻つぼみって感じで終わってます。そりゃ2冊分しか内容が無ければワンクールもたせるのも難しいってもんです。実際には1巻だけしか発売されておらず、2巻はアニメが終わる頃発売されたと記憶してます。実質的には1冊しかないんじゃね、制作陣としてはどうしようもなかったんだと思いますよ。むしろその状況でよくここまでやれたもんだと感心してしまいますw。

企画段階では本当はアニメ放送時には話が進んで5~6巻は発刊されている予定だったらしいので、急遽のストーリー変更があったらしいですよ。これだけ先行してたってことは、名作になる予感は、皆感じていたんでしょうねww。

でも、こういった、あと一歩で世の中に広がる前に消えてしまった傑作や才能というものにも私個人としては惜しみない称賛を掲げたいと思ってるわけですよ。
ホントに不可抗力だったわけだからね、ぜひ機会があったら一度観てみてください。

絶対続きが読みたい!って思うはずですよww。

 

「異国迷路のクロワーゼ」ストーリー

「異国迷路のクロワーゼ」のストーリーです。

19世紀後半の仏蘭西(フランス)、巴里(パリ)。
パリにも、最近開国したジャポニズムブームが密かに広がりつつある頃の物語です。
日本では明治の初頭、おそらく文明開化からそれほど時間は立ってない時代だと思えば分かりやすいと思います。

パリの近代化の流れに取り残された小さな商店街(パサージュ)、ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)に、ある日、小さな日本の少女が足を踏み入れます。
日本の着物を着た少女の名前は湯音(ゆね)。長崎から一人、異国パリへ奉公にやってきた女の子です。
おそらく日本の商家の娘だと思うんですが、当時の日本の奉公の慣習としては規格外だけど間違ってはいないと思いますねw。
日本とは全く違う異国の文化や慣習に戸惑う毎日、それは湯音と関わるパリの人も同じですww。それでも一生懸命な湯音は、鉄工芸品店「ロアの看板店」で働きながら、若き店主のクロード、そしてパリの人々との温かな出会いを通じて、ひとつずつ、文化や言葉の違いを乗り越えていくストーリー。
優しい日差し差し込む、この時代遅れな商店街に迷い込んだ日本人形(ジャポネーズ)。

まさに異国迷路に迷い込んだクロワーゼ(エトランゼ:異邦人)。

 

このストーリーや設定だけを聞いてもなんだかムズムズしてきますよねww。
もっと、いろんなエピソードを見てみたかったです。

 

アニメ「GOSICK-ゴシック-」で武田日向氏の面影がたどれる

もう、武田日向氏の漫画やアニメは見られないけど、もう一度あの絵が観たいという人も多いですよね。
そういう人にはアニメ「GOSICK-ゴシック-」がおすすめ。
直木賞作家、桜庭一樹のゴシックミステリーのアニメ化です。
完全に絵の美しさや世界観など、武田日向氏のエッセンスが残されていますよ。

 

GOSICK-ゴシック-
【U-NEXT】GOSICK-ゴシック-


GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)


こちらは24話まであり完成度もかなり高く、アニメ作品としてたっぷり堪能することができます。
まあ、小説が原作なので「異国迷路のクロワーゼ」の湯音のようなおっとりおとなしいというヒロインキャラではなく、チョ~~性格の悪いゴスロリ美少女が毒吐きまくってるアニメですけどねww。
そういうキャラとミステリーが好きな人にはおすすめです。

小説GOSICKはコミカライズもされてますが、漫画は武田日向ではなく天乃咲哉です。

 

異国情緒たっぷりの「異国迷路のクロワーゼ」 まとめ

【アニメ】「異国迷路のクロワーゼThe Animation」異国情緒たっぷりのこのマンガを忘れないで!

異国情緒たっぷりの「異国迷路のクロワーゼ」、私おすすめの漫画の紹介をしました。
今回はちょっと私の熱い思いが先走ってしまった感じが強かったんですが、どうだったでしょう?

もう、すでに古くなってしまって忘れられた存在になりつつあるので、さすがに今からいろいろ探そうとしても手に入れにくい作品になってしまってるかもしれませんねww。

なので、ぜひ見てくれ!とはいいがたいのが辛いところですw。

ちなみにライトノベルの「異国迷路のクロワーゼ」というのもありますが、あれは作者が亡くなってから企画が始まったものなので、原作ではありません。何とも言い難いのですが、大人の関係者の中にも「おしい!」と思っている人がいるって証拠なのかもしれないですねw。

復活というのはあり得ないですが、かつてこんな漫画が埋もれていった、ということをどうしても伝えたくて今回紹介しました。


本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の動画配信状況はU-NEXTサイト、amazon、huluにてご確認ください。


 

今回のコンテンツで紹介したもの一覧

異国迷路のクロワーゼ The Animation
【U-NEXT】異国迷路のクロワーゼ The Animation


合本 異国迷路のクロワーゼ memoire


GOSICK-ゴシック-
【U-NEXT】GOSICK-ゴシック-


GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)


少女・ネム (Beam comix―Hirosuke Kizaki memorial edition)


-アニメ レビュー, 漫画 レビュー
-, ,

© 2021 VOD Bulldog